【トランポリン運動自宅で1日5分】楽しくお手軽に健康に!

健康アイテム
スポンサーリンク

自宅でお手軽にできる運動で、トランポリンが流行っていると聞いたのですが、実際どうなんですか?運動効果はあるんでしょうか?

まりこ
まりこ

私、トランポリンなら私でも楽しく楽に運動ができそうだなと思って、購入しましたよ!けっこういい感じです。

健康のため少しでも運動をしたいと思っているのですが、体力がないので辛い運動は続かないなぁと思っていた頃、トランポリンの存在を知り早速購入しました。

私だけでなく子供も欲しがったので良いかなと思ったのが本音ですが、子供も大人もかなり効果がありますよ。ただいくつか注意点もありますので、今日はトランポリンを購入して使用を続けている体験談を交えて、効果と選ぶ際の注意点をご紹介したいと思います。

  • トランポリン運動に興味のある方
  • 楽しみながら運動したい方
  • 楽に少しだけでも運動したい方

是非お読み頂けると嬉しいです。

まりこ
まりこ

私、自宅でゆるゆるトランポリン運動歴、

なんだかんだ4年目です。

スポンサーリンク

自宅でトランポリン運動 トランポリンの効果

結論としてまず、トランポリン運動をやった我が家の効果についてご紹介しますね。

  • 40代のまりこは楽しく有酸素運動ができています。
  • 小学生の子供は体力がすごくつきました。
  • 小学生の子供はトランポリンの上で縄跳びの練習をしたら二重飛びができるようになりました。

運動の効果ってダイエットとはまた違うので数値として可視化できないところが辛いんですけど、子供に関して言うとすごく体力がついたと感じています。私自身についても有酸素運動が楽しくできているので、結論としては購入してとても良かったと思っています。

一般的な効果としては以下のようなものがあげられています。

  • ダイエット効果
  • 血流が良くなる
  • 病気予防効果
  • 便秘解消

などなど…。トランポリンはやってみると意外と楽しく、ジョギングなどとても辛くてできない私でもお手軽に楽しく飛び跳ねることができるので大変重宝しています。私の購入したトランポリンの購入説明ページには「トランポリンはたった5分跳ねるだけで1kmのジョギングと同じ運動量」とありました。体力のない私でも少しずつ有酸素運動を積み重ねられています。

トランポリンの一番良いところは、なんといっても「楽しい」「お手軽」「楽にできる」というところではないかな、と私は感じています。

【自宅で大量すごい汗】運動不足・ストレス解消にも~ガチで実践・全力12分間!!!トランポリンサーキット(デモンストレーション)

やり方としては、いろいろな動画が出ていますのでYouTube動画を参考にされると良いかと思います。再生数が多い動画を引用させて頂きましたが、上記の動画は私にはとてもハードすぎます…。

私はまだ、ただ飛んでいるだけです。しかしそれでも汗かきますし息切れします。やる際にはできれば時間は図った方が良いでしょう。飛ぶ時間を図って記録しておくと、少しずつ長い時間飛べるように目標もできてやる気が出ますよ!

自宅でトランポリン運動 トランポリンの選び方

トランポリンと言うと、競技用の大き~いトランポリンを思い浮かべる方もいらっしゃるかもしれません。私も昔はそうでした。

しかし、家庭用の小さなトランポリンがあります。一人で使用します。我が家にあるのはこれです。

購入後感じた、選ぶポイントは以下です。

  1. バネは金属製のスプリングかゴム製か。
  2. 置き場所の確保。場合によってはたためる種類のものを選択。
  3. 安全性に注意。耐荷重を確認しよう。
  4. 手すりをつけるタイプもあります。つけるかどうか検討。
  5. 下に敷くマットは必須。

詳細をご説明します。

バネは金属製のスプリングかゴム製か。

トランポリンに使用されているバネには金属製のものとゴム製のものがあります。スプリングタイプの方が耐久性がありますが、音がうるさいです。

我が家はスプリングタイプなのですが、実際飛んでみるとギシギシとなかなかの音がします。しかし4年間使用していますが、まだ使用できています。(付属カバーの劣化はしています)

置き場所の確保。場合によってはたためる種類のものを選択。

意外と大きさがあるものが多く、置き場所については少し苦労します。ある程度大きさもないと安全性が確保できないので仕方ないところでもあります。

ずっと平置きしておけるスペースがあれば問題ないですが、我が家はそうでもなく、というか置けることは置けますが使用していない時は非常に邪魔です。

そのため我が家ではとりあえず立てかけておいています。立てかけるとそれなりに省スペースで保管できますよ。ただ、場合によってはたためる種類のものを選択することもありでしょう。・・・ただ、使用後いちいちたたむ手間があるので、意外とその作業が面倒かもしれないです。

立てかけるとこんな感じ↓

事前に大きさを確認して置き場所を確保しましょう。

安全性に注意。耐荷重を確認しよう。

これはよほど体重がある方が使用する場合以外は関係ないと思いますが、耐荷重を確認しておきましょう。安全に使用するために、トランポリンは一人で使用しましょう。

手すりをつけるタイプもあります。つけるかどうか検討。

家庭用トランポリンは面積がそこまで大きくないので、お子さんが使用する場合などは手すりがあった方が安全に使用できます。

私は子供ではないですが運動音痴なこと限りないので手すりを検討しましたが、結局手すりなしを購入。私としては、なくて良かったなと感じています。とても小さなお子さんの場合のみ検討する程度で良いように思います。

ただ安全性の観点だけでなく、手すりを使ったエクササイズもありますので、用途によって選ばれると良いでしょう。

下に敷くマットは必須。

トランポリンは飛ぶとかなりの振動を伴います。床を傷つける可能性も高いです。防音、傷保護のために下に敷くマットは必須と感じています。なるべく分厚いものを選ばれると良いでしょう。

音としてはネットに落ちた時のドッドッ…という音と、スプリングのギシギシ…の2種類です。スプリングの音が下に振動するかは不明ですが、気になる場合は上記でご紹介したゴム製のものを選ばれると良いでしょう。ネットに落ちた時のドッドッという音は、ネットに振動するので床でぴょんぴょんするよりははるかに静かかと。どちらにしても分厚いマットを敷くことでかなり振動は軽減されますし、必須です。

自宅でトランポリン運動 まとめ

ということでトランポリンの効果と選び方をご紹介しました。大人のエクササイズにも良いですが、我が家では子供の運動効果もすごく感じています。子供だとエクササイズとか関係なく飛びはねるだけで楽しい遊びですから、お子さんがいらっしゃるご家庭では皆で使えてコスパも良くなりますよ。

我が家のトランポリンは、組み立て時大人二人がかりでもちょっと大変でした。組み立てについて商品の説明をよく読まれることをおススメします

置き場所や音の振動の対策をして、是非一緒にトランポリン運動を取り入れた生活をしてみませんか?

まりこ
まりこ

楽して楽しく有酸素運動して、風邪を引きにくい元気な体を作りましょ!

タイトルとURLをコピーしました